これだけは知っておきたい住宅ローン最新トレンド

住宅ローン金利の推移

住宅ローンの金利は景気に大きく左右されます。
今は、非常に低い金利で住宅ローンを借り入れすることが出来ますが、バブルの時代などは、年率8%を超えるような住宅ローンが存在していました。
一般的には景気が良くなるにつれ、住宅ローンの金利は上昇します。
現在は最低の水準で金利が推移しています。
もう10年間も低金利時代が続いていることから、今の金利水準を当たり前のように感じている人も多くいらっしゃるかもしれませんが、日本の歴史的に見てもこのような低い金利はありません。

・ 今後金利は上がるのか?
・ 上がるとしたらいつか?
・ 何%くらいまで上がるのか?

未来のことは誰もわかりません。
しかし過去20年間にわたる住宅ローンの金利動向見ると都市銀行の変動金利は平均4%台なのです。


3000万円の住宅ローン(35年返済)の月々返済額は金利が変ると・・・

1%
月々84,685円
2%
月々99,378円
3%
月々115,455円
4%
月々132,832円
5%
月々151,406円



世界の住宅ローンの金利推移

日本だけでなく、諸外国の金利推移も参考にしてみましょう。
世界各国の金利水準は2%から6%くらいです。
銀行は通常この金利に2%程度の金利を上乗せして住宅ローンを販売しています。
日本では、2006年7月まで長い間ゼロ金利政策を続けていたのですが、ようやく金利の頭が持ち上がった状態です。


しかし、諸外国の金利水準と比べるとまだまだ低い金利水準です。
現状では更に、日本の銀行は金利優遇という特別に低い金利で住宅ローンを貸し出しています。
これは銀行貸出先の減少、不動産市場の縮小、住宅ローン取り扱い件数が減少していく中で、銀行はよりリスクの低い長期的に金利の収入の見込める住宅ローンの獲得に躍起になっている為です。
ただし、景気動向が変化し銀行貸出が増加した場合、金利優遇もいつまで続くかはわりません。

会員登録はこちら

会員限定物件
2301件
全公開

お名前
Eメール
電話番号

ログイン  パスワードを忘れた

この条件を保存する

  • 東宝ハウス浦和とは何なのか?
  • 東宝ハウス浦和とは何なのか?
  • 東宝ハウス浦和とは何なのか?
  • 東宝ハウス浦和とは何なのか?
  • 東宝ハウス浦和とは何なのか?
東宝ハウス浦和とは?

オススメ物件&オトク情報 ▲ ▼

  • 人生でいちばん大きな買い物に、「もしも」があってはならないから。 東宝ハウスグループは、手付金を保証いたします。
  • 現地販売会
  • パノラマ動画特集
  • マイホーム損得塾
  • 住宅ローン/アドバイザー無料相談会
  • 住み替えノウハウ
  • 三栄建築設計特集
  • 住宅ローンは怖くない!
  • 埼玉マンションカタログ
  • スタッフ紹介
  • 家にまつわる短編小説集
  • お客様フォトエッセイ
  • 浦和区文化の小径マップ
  • アフターサポート
  • FP通信